タグ:2017年6月 ( 16 ) タグの人気記事

道東2017.06.16~18

初めての北海道での鳥見。
道東に何度も行っているベテランバーダーさんにいろいろ案内してもらい、充実した3日間でした。

初日は草原の鳥をメインに、2日目にクマゲラ、3日目は落石ネイチャークルーズと見どころ満載。
クマゲラを観察した近くの林道ではエゾライチョウを観察することもできましたし、
草原では写真には撮れなかったものの、マキノセンニュウやエゾセンニュウなども観察できました。

大満足の鳥見になったはずなのに、まだまだ見るところはいっぱいある道東。
また来ようと思わずにはいられませんでした。

2017.06.16~18
72種観察

エゾライチョウ オカヨシガモ ヨシガモ マガモ コガモ スズガモ キンクロハジロ オナガガモ ハシビロガモ

カワアイサ ヒドリガモ キジバト アオバト ウミネコ オオセグロカモメ ウミウ ヒメウ アオサギ ダイサギ

コサギ タンチョウ カッコウ ツツドリ ツバメ オオジシギ トビ オジロワシ クマゲラ アカゲラ オオアカゲラ   

モズ カケス ハシボソガラス ハシブトガラス ハシブトガラ ヒバリ ツバメ ショウドウツバメ ヒヨドリ ウグイス

ヤブサメ センダイムシクイ エゾムシクイ マキノセンニュウ シマセンニュウ エゾセンニュウ コヨシキリ ゴジュウガラ

ミソサザイ ムクドリ クロツグミ コルリ ノゴマ キビタキ スズメ キセキレイ ツメナガセキレイ ハクセキレイ

カワラヒワ ベニマシコ ホオアカ アオジ オオジュリン ノビタキ ウトウ ウミスズメ ウミガラス ハシブトウミガラス

ケイマフリ エトピリカ フルマカモメ オオハム


f0227157_20351636.jpg

f0227157_20353569.jpg
f0227157_20354786.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-07-06 20:36 | フィールドノート | Trackback | Comments(2)

エトピリカ

f0227157_20504377.jpg
2017.06.18
北海道根室市沖(落石ネイチャークルーズ)
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

この日一番期待していたエトピリカに無事出会えました。
霧の中だいぶ距離はありましたが、その独特な姿は遠くからでもよくわかりました。

なかなか見つからずに、そろそろ港へ引き返さなくてはいけない時間が迫る中、
船長さんやガイドさんとともに一生懸命探す中、遠くに2羽ウトウやケイマフリとは明らかに違う鳥が見えました。
それがエトピリカでした。
今年は海水温がまだ冷たく、エトピリカの数も多くないとのことでしたので見ることができ良かったです。
またいつか青空の元じっくりと観察したいものです。
f0227157_20504108.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-07-02 07:00 | チドリ目ウミスズメ科 | Trackback | Comments(0)

ケイマフリ

f0227157_22371536.jpg
2017.06.18
北海道根室市沖(落石ネイチャークルーズ)
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

ウトウに次いでこの日多く見ることのできたケイマフリ。
冬には関東でも見る機会はあると思います。
なんとも可愛らしい顔と、赤い足が印象的です。

f0227157_20490485.jpg

f0227157_22372499.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-07-01 07:00 | チドリ目ウミスズメ科 | Trackback | Comments(0)

フルマカモメ

f0227157_23401564.jpg
2017.06.18
北海道根室市沖(落石ネイチャークルーズ)
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

濃い霧の中急に現れたフルマカモメ。
いわゆる暗色型と呼ばれるタイプです。
カモメという名前がついてもミズナギドリ科なのは・・・

f0227157_23401796.jpg
f0227157_23401969.jpg


[PR]
by kazucl1 | 2017-06-30 07:00 | ミズナギドリ目ミズナギドリ科 | Trackback | Comments(0)

ウトウ

f0227157_21520189.jpg
2017.06.18
北海道根室市沖(落石ネイチャークルーズ)
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

北海道に来たらやはりこの船に乗りたかった。
落石の港からユルリ島とモユルリ島周辺で海鳥を観察できるこの船。
地元の漁師さんが船を出し、ガイドさんが一緒に乗船してくれます。
海鳥はさっぱりの自分でも十分に楽しめました。

この日の根室周辺は濃い霧に覆われ、自分たちが船に乗っている間晴れることはありませんでした・・・
今回1番多く姿の確認できたウトウ。
ウトウの顔がおじさんぽく見えるのは自分だけでしょうか(笑)

f0227157_21520835.jpg


[PR]
by kazucl1 | 2017-06-28 22:01 | チドリ目ウミスズメ科 | Trackback | Comments(0)

クマゲラ

f0227157_22263507.jpg
2017.06.17
北海道川上郡
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

クマゲラの♀です。
観察した♂の個体より羽に褐色多く混ざっています。
まだ若い個体なのでしょうか?
オスと違いトレードマークの頭の赤い部分が控え目です。

つい最近北東北のクマゲラが絶滅の危機にあるという記事を見かけました。
白神山地という豊かな自然が残っている地でも、クマゲラには厳しいのでしょうか?
原因は自分などにはわかる由もありませんが、クマゲラが生息できる環境を残してほしいと願うばかりです。

f0227157_22263933.jpg
f0227157_22264466.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-06-27 22:37 | キツツキ目キツツキ科 | Trackback | Comments(0)

オオジシギ

f0227157_20485983.jpg
2017.06.17
北海道川上郡
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

この場所に限らず、草原ではオオジシギの姿をよく見ました。
3日間の旅の最終日に立ち寄ったトウフツ湖では多くのオオジシギがディプレイフライトをしていました。

f0227157_20490341.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-06-26 20:54 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(0)

クマゲラ

f0227157_21162474.jpg
2017.06.17
北海道川上郡
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

2日目は宿泊していた宿のご主人にガイドを頼み、クマゲラ観察。
北海道に来たらぜひとも観察したかった鳥です。
「2時間以上待つこともざら」と言われていましたが、
幸運なことに茂みでじっとしていると、すぐに♂のクマゲラがやってきました。

声の大きさといい、体の大きさといい、今まで見てきたキツツキの仲間よりでかい。
そんなクマゲラが餌やりのため巣穴にすっぽりと入る。
飛び立つ際に羽を広げるとさらに大きく見えます。
これだけの体の鳥が森の中をどうやって飛んでいるのだろうと不思議でなりません。

f0227157_21162923.jpg

f0227157_21163348.jpg


[PR]
by kazucl1 | 2017-06-25 21:27 | キツツキ目キツツキ科 | Trackback | Comments(2)

タンチョウ

f0227157_21584708.jpg
2017.06.17
北海道川上郡
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

北海道といえばやはりタンチョウにはぜひ会いたかった。
しかし自分の勝手なイメージだが、湿原のような比較的水辺に近いところにいるのかと思いきや、
今回見かけた場所は内陸に位置する場所で、しかも広い畑の中。
こんなところにもいるのかとびっくりしました。
冬の北海道でまた会いたい鳥ですね。

f0227157_21585464.jpg
f0227157_21585162.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-06-24 22:04 | ツル目ツル科 | Trackback | Comments(0)

ノビタキ

f0227157_21292379.jpg
2017.06.16
北海道紋別市
NIKON D500
Nikkor 300mm f/4D × 1.4

いつもなら大好きなノビタキ♂の夏羽の写真から載せるところですが・・・
メスもなかなか可愛らしいです。

f0227157_21293534.jpg
f0227157_21292875.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-06-22 21:31 |      ヒタキ科 | Trackback | Comments(0)