タグ:2014年9月 ( 12 ) タグの人気記事

アオアシシギ

f0227157_0192349.jpg


2014.09.22
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4
[PR]
by kazucl1 | 2014-10-12 19:00 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(0)

オオルリ

f0227157_017252.jpg


2014.09.23
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

成鳥のオスは渡りが早いためか今回見かけたのはメスとこの若オスだけでした。
[PR]
by kazucl1 | 2014-10-12 00:18 |      ヒタキ科 | Trackback | Comments(0)

アカモズ

f0227157_071384.jpg


2014.09.23
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

嘴の色や脇に見える鱗模様から若い個体と思われるアカモズです。
撮った写真を確認すると額の白色部分が狭く見え、亜種カラアカモズでは?といった話が出ましたが
同行者の撮った鮮明な写真を見ると背中の色の赤味が強いことからアカモズであろうということに。
若い個体は個体差も大きく識別の難易度が上がりますね。
秋の舳倉島を訪れるたびに知識不足を痛感してしまいます(汗)

f0227157_0251818.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-10-06 17:00 |      モズ科 | Trackback | Comments(0)

キマユムシクイ

f0227157_20121242.jpg


2014.09.23
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

今回9月に舳倉島を訪れたのはムシクイ類に期待してのこと。
しかしながら全体的にムシクイの姿は少なめでメボソムシクイが多くを占め
少数センダイムシクイを確認できたくらい。
ムジセッカは藪から出てこず写真には撮れませんでした・・・

キマユムシクイは3個体程確認することが出来ました。
キマユムシクイはだいぶ観察回数が増えたからか、何となくすぐにわかるようになってきましたが
ちょこまかと動き回る小さいムシクイの識別は相変わらず難しいです。

f0227157_20175342.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-10-02 20:19 |      ウグイス科 | Trackback | Comments(0)

ヒメイソヒヨ

f0227157_20403826.jpg


2014.09.22
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

今回島で出会った1番の珍鳥ヒメイソヒヨです。
夕方宿へ帰る前にシマノジコが藪から出てこないかと待っていると、
同行者があわててこちらを呼んでいます。
何をそんなにあわてているのだろうかと近づいてみるとオレンジ色の鳥が見えます。
独特の姿をしているので初見ではありましたがすぐにヒメイソヒヨとわかりました。

f0227157_20463786.jpg


ヒメイソヒヨといえば春の舳倉島ではたびたび話を聞くことが出来ますが秋に見たという話は聞いたことがありませんでした。
翌日も何度か同じ場所を探しましたが出会いはこの1回だけ。
2日間とも天気が良かったのですぐに抜けてしまったのでしょうか?とても幸運な出会いでした。

f0227157_21263183.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-09-30 19:00 |      ツグミ科 | Trackback | Comments(2)

オジロビタキ

f0227157_155428.jpg


2014.09.22
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

水場で待っているときに一瞬現れたオジロビタキ。
本来であればじっくり観察してニシオジロかどうか検討したかったところですが・・・
嘴の色や灰色味の強い背中の色、オジロビタキと考えましたが。
[PR]
by kazucl1 | 2014-09-29 16:06 |      ヒタキ科 | Trackback | Comments(0)

シマノジコ

f0227157_23274274.jpg


2014.09.22
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

島に船が着くのが10時半。この時間は鳥の姿もあまり見ることが出来ません。
そんなわけで島にある水場で鳥を待っていたところ、一緒に行った方が図鑑と撮った写真をにらめっこしています。
何を撮ったのかと写真を見せてもらいますが、胸が黄色っぽく見えたので「アオジ」かと思いました。
でもなんとなく雰囲気が違うな~と悩んでいたところ、ベテランのバーダーさんが「シマノジコ♀」と教えてくださいました。
ポイントは腰に見える赤褐色だそうで。早く自分でもこのくらいすぐに識別できるようになりたいものです。

シマノジコといえば昨年の春対馬でチラ見したことがあるだけだったので急いで写真を撮ったという場所へ。
草むらの中に潜っているようでなかなか写真には撮れません。
自分のつたない腕ではこんなカットのみ・・・
f0227157_23363424.jpg


何かに驚くと電線にとまりますのでその姿はばっちり(汗)
f0227157_23385033.jpg


f0227157_23392235.jpg


それでも憧れの鳥であったシマノジコをゆっくり観察できる機会に恵まれ嬉しい出会いとなりました。
[PR]
by kazucl1 | 2014-09-27 23:42 |      ホオジロ科 | Trackback | Comments(2)

ムネアカタヒバリ

f0227157_2347545.jpg


2014.09.23
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

タヒバリ同様海岸にいたムネアカタヒバリです。
「チー」というタヒバリより甲高い声で気づくことが出来ました。
背中を見ると淡色の縦斑がはっきりと見えます。
2羽で行動しており地面で採餌しているようでした。

f0227157_23535417.jpg


f0227157_2354319.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-09-25 23:54 |      セキレイ科 | Trackback | Comments(2)

タヒバリ

f0227157_0394539.jpg


2014.09.22
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

今年も1泊2日で秋の舳倉島を訪れてきた。
秋は春に比べ観察できる種類も多くはありませんが、
生い茂る草木の中から鳥を見つけ出す楽しみが増します。
また渡りの期間が長いためかどうかはわかりませんが人も春に比べ少なく、
自力で探し出す必要性がさらにUPします。

海岸にいたタヒバリです。
こういった普通種をじっくり、間近で観察できるのもこの島の良いところです。

f0227157_04512100.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-09-25 00:45 |      セキレイ科 | Trackback | Comments(0)

トウネン

f0227157_081649.jpg


2014.09.12
千葉県船橋市 三番瀬
Nikon D300s
NIKKOR 500mm f/4G ED VR

フラッグのついたトウネンが1羽いました。
鳥の生態を調べるのには必要なことで、保護にもつながることは重々承知していますが、
見かけるたびに鳥にとって負担にならないのかな?と考えてしまいます。
ましてや長い渡りをするシギチですからなおさらです。

f0227157_0141232.jpg


f0227157_0142464.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-09-16 00:14 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(2)