タグ:ハイイロオウチュウ ( 1 ) タグの人気記事

ハイイロオウチュウ

f0227157_21581462.jpg


2016.05.02
長崎県対馬市内院地区
Nikon D500
300mF4D × 1.4

2日目の夕方、オウチュウを観察でき満足した雰囲気の中、再び内院地区で
シマアオジやシマノジコが出ているところでしばらく鳥が出てくるのを待っていた。
しかし出てくる気配が感じられなかったので別場所へ移動しようとしたところ、
遠くの電線に鳥がとまっているのが見えた。
大きさからヒヨドリだろうとは思ったが、少し色が薄く見えたので双眼鏡をのぞいてみると・・・
なんとハイイロオウチュウではありませんか。あまりのサプライズに自分の目を疑ってしまいましたが、
特徴的な尾の形が見えたので間違いない。
あわてて同行者を呼び止め、写真を撮り拡大して確認するとやはり間違いない。
しばらくすると遠くへ飛んで行ってしまいましたが、もう少しゆっくり観察したかったので
だめもとで飛んでいった方向へ移動し探してみると、電線にとまっていました。

f0227157_22264047.jpg


オウチュウと同じように電線にとまりフライングキャッチを繰り返しています。
ハイイロオウチュウは警戒心が強く近くではなかなか観察できないと聞いていたので
間近で観察することが出来大興奮♪赤い目などがはっきりと見ることが出来ました。

f0227157_22272679.jpg


まさかオウチュウとハイイロオウチュウ両方を観察できるとは思ってもいませんでした。
前日から南寄りの風が吹いていたので、新しい鳥が入ってきていたのでしょう。
ホオジロなどの小鳥も2日目の方が多く感じました。

話によると、1週間前に同じ場所でハイイロオウチュウが観察されていたそうです。
またこの日の翌日には別の場所で別個体のハイイロオウチュウが観察されています。
今年は当たり年のようですね。
対馬へ来る大きな目的の一つ、ヤマショウビンには今回出会うことが出来ませんでしたが、
オウチュウとハイイロオウチュウを観察できる機会に恵まれ大満足でした。

f0227157_22373243.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2016-05-08 18:00 |      オウチュウ科 | Trackback | Comments(0)