タグ:キマユムシクイ ( 3 ) タグの人気記事

キマユムシクイ

f0227157_20121242.jpg


2014.09.23
石川県舳倉島
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

今回9月に舳倉島を訪れたのはムシクイ類に期待してのこと。
しかしながら全体的にムシクイの姿は少なめでメボソムシクイが多くを占め
少数センダイムシクイを確認できたくらい。
ムジセッカは藪から出てこず写真には撮れませんでした・・・

キマユムシクイは3個体程確認することが出来ました。
キマユムシクイはだいぶ観察回数が増えたからか、何となくすぐにわかるようになってきましたが
ちょこまかと動き回る小さいムシクイの識別は相変わらず難しいです。

f0227157_20175342.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-10-02 20:19 |      ウグイス科 | Trackback | Comments(0)

キマユムシクイ

f0227157_20254582.jpg


2014.05.04
石川県舳倉島
Nikon D300s
NIKKOR 300mm f/4D

今回の舳倉島ではムシクイの仲間はセンダイムシクイが多く見ることが出来た。
他のムシクイといえばこのキマユムシクイのほかエゾムシクイを1羽確認。
やはりムシクイ類は秋の方がいろんな種類が観察できそうだ。
何度か見ているとムシクイでもこのあたりは容易に判別できるようになってきたが、
動きが早いムシクイをじっくり観察できる機会はなかなかないだろうから
やはり地鳴きを早いとこ覚えたいものです。

f0227157_20345327.jpg


f0227157_20351724.jpg


f0227157_20353256.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2014-05-11 07:00 |      ウグイス科 | Trackback | Comments(2)

キマユムシクイ

キマユムシクイです
f0227157_1265340.jpg


撮影データ
2010.10.18
石川県舳倉島
Nikon D300s
Sigma 800mm F5.6

旅鳥のキマユムシクイ。
春にも舳倉で見ることが出来ましたが、写真は今回初。
2本のはっきりした翼帯と三列風切り外縁が白いのは
カラフトムシクイかキマユムシクイ。
カラフトに比べ眉斑の黄色味が少ないことと
カラフトムシクイに比べ頭央線がはっきり見えないことが識別ポイント。

f0227157_1331974.jpg


f0227157_1333575.jpg


f0227157_134020.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2010-10-23 01:34 | Trackback | Comments(2)