<   2015年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

カヤクグリ

f0227157_22384455.jpg


2015.01.27
神奈川県清川村
Nikon D300s
Ai AF-S Nikkor 300mm f/4D  × 1.4

f0227157_2245512.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-27 22:46 |      イワヒバリ科 | Trackback | Comments(2)

アメリカウズラシギ

f0227157_031125.jpg


2015.01
茨城県稲敷市
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

越冬中のアメリカウズラシギに会うことが出来ました。
アメリカウズラシギはなかなか自分にとって縁のない鳥さんでした。
いると言われた場所を探しても見つからなかったり、
地元に出ていたときは仕事で見に行けなかったりと・・・
皆様にもそんな鳥さんいませんか?
[PR]
by kazucl1 | 2015-01-26 18:00 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(0)

オオマシコ

f0227157_2338117.jpg


2015.01.19
山梨県
Nikon D4s
NIKKOR 500mm f/4G ED VR

オオマシコは見るたびにいつも若♂・♀の区別に頭を悩ませます・・・
1枚目の写真はおそらく♂1w。喉元と額にうっすらと白さが見える。
2枚目は♀1w。ほとんど赤味が見られない。
3枚目が悩みどころですが♀adか?
双眼鏡でのぞいているときは何となくわかるんですけどね(汗)

f0227157_23435298.jpg


f0227157_2347316.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-22 23:47 | アトリ科 | Trackback | Comments(0)

オオマシコ

f0227157_2330134.jpg


2015.01.19
山梨県
Nikon D4s
NIKKOR 500mm f/4G ED VR

今年もいつもの場所へ会いに行ってきました。
年に1度は会いたくなってつい出かけてしまいます。
3時間ほどの滞在時間でしたが去年より来ている数が少ないのか?
一番多く見れた時でも5羽ほどでした。
オオマシコだけでなくカシラダカと一緒に行動している個体も何度か見かけました。

f0227157_2335696.jpg


f0227157_23352442.jpg


f0227157_23362191.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-21 19:00 | アトリ科 | Trackback | Comments(4)

タカブシギ

f0227157_23273821.jpg


2015.01
茨城県稲敷市
Nikon D300s
300mF4D × 1.4
[PR]
by kazucl1 | 2015-01-20 23:27 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(0)

クサシギ

f0227157_2315474.jpg


2015.01
茨城県稲敷市
Nikon D300s
300mF4D × 1.4
[PR]
by kazucl1 | 2015-01-15 23:16 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(0)

タゲリ

f0227157_23211130.jpg


2015.01
茨城県稲敷市
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

冬の田んぼで1度は会いたい鳥さんです。
光が当たった姿はとても綺麗です。

f0227157_23222273.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-13 08:00 | チドリ目チドリ科 | Trackback | Comments(2)

ケアシノスリ

f0227157_23494971.jpg


2015.01
茨城県稲敷市
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

ケアシノスリの若い個体を観察することが出来た。
残念ながら今回は飛んでいる姿のみではあったが、
晴れ渡る空の中、悠々と飛び回るケアシノスリの白い姿にしばし時間を忘れ見入ってしまいました。

f0227157_044784.jpg


f0227157_05196.jpg


f0227157_065718.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-12 00:07 | タカ目タカ科 | Trackback | Comments(0)

コクマルガラス

f0227157_18503947.jpg


2015.01.06
群馬県板倉町
Nikon D300s
300mF4D × 1.4

ミヤマガラスの大きな群れの中にいたコクマルガラス。
従来暗色型と言われていたこのような個体は幼鳥だそうです。
淡色型といわれる個体も見つけたのですが写真には撮れませんでした・・・

ミヤマガラスの群れの中にいるのですが大きさがミヤマガラスに比べだいぶ小さいので割と見つけやすい。
また「キュウ、キュウ」という特徴的な声なので何となくこの辺にいるな~と目星もつけやすい。

f0227157_18572249.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2015-01-08 18:57 |      カラス科 | Trackback | Comments(2)