<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アマツバメ

f0227157_0104346.jpg


2013.07.20
長野県八方尾根
Nikon D300s
NIKKOR 300mm f/4D

いつもはスキーで滑っている八方尾根。
上空ではイワツバメとアマツバメが飛び回っていました。
両種とも腰が白く見えますが
大きさがだいぶ違うので遠目からでも違いは分かりやすいです。
また飛んでいるスピードもアマツバメの方がだいぶ早い気がします。
1度頭上を通り過ぎた際は「ビュン」という大きな音が聞こえてきました。

f0227157_075648.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2013-07-30 07:00 | アマツバメ目アマツバメ科 | Trackback | Comments(2)

アカアシシギ

f0227157_2349927.jpg


2013.07.11
東京都
Nikon D300s
NIKKOR 300mm f/4D

シベリアオオハシシギを観察しているとき一緒にいたアカアシシギです。
幼鳥や冬羽の個体は見たことがありましたが夏羽の個体は初めてです。
いつかは北海道で見たいと思っていましたが思いがけず観察することが出来ラッキーでした。
夏羽では名前の由来である足の色が冬羽などに比べより赤く見えます。

f0227157_23543662.jpg


f0227157_015457.jpg


参考2010.09 葛西臨海公園で見たアカアシシギの幼鳥
f0227157_051690.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2013-07-18 18:00 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(2)

シベリアオオハシシギ

f0227157_2330622.jpg


2013.07.11
東京都
Nikon D300s
NIKKOR 300mm f/4D

夏羽のシベリアオオハシシギが来ていると聞き暑い中出かけてきました。
幼鳥は2010年に茨城で見たことがありますが夏羽の個体は初めて。
いろんなブログに出ている飛来当初の姿よりも全体的にオレンジ色が薄くなってきているようだ。
夏羽から冬羽への換羽が進んでいるのでしょうか。

色の薄さから若い個体なのでは?なんて話も聞くが自分の手持ちの図鑑には残念ながら
雌雄や年齢での違いについて述べた図鑑は・・・・・・

出来れば日本語の詳しい図鑑があると助かるのですが。
昔に比べたら鳥を見る人たちの数も大幅に増えたのだからそのような図鑑が出てくれることを期待しています。

f0227157_23393322.jpg


f0227157_2340541.jpg


f0227157_23402686.jpg


f0227157_23404649.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2013-07-13 18:00 | チドリ目シギ科 | Trackback | Comments(2)