カテゴリ:フィールドノート( 3 )

舳倉島2017.10.13-14

f0227157_11344366.jpg
秋の舳倉島へ3年ぶりに渡ることができました。
この時期の舳倉島は船の心配が付きまとい、日程に余裕がないとなかなか安心して渡ることができません。
訪れた日も13日に船が出れば14日は大丈夫だろうと予想していましたが、
いざ島に泊まってみると、夕方から朝方にかけ風がとても強く本当に船が来るか心配になりました(汗)

秋の舳倉島といえばやはりムシクイとホオジロの仲間を期待しますが、
今回は残念ながらキタヤナギムシクイやシラガホオジロなどの期待していた鳥には会えませんでした。
それでも今回は63種を確認することができ、秋の舳倉島にしては多くの鳥の種類が確認できた。

秋は春と違い島で鳥を見ている人も少なく、島中を自分の足で歩き回り鳥を見つけ出す楽しみが味わえます。
しかし草木はまだ生い茂り、藪の中から聞こえてくる声を頼りに鳥を探す。
草むらから飛び出す一瞬で鳥の種類を判別しなくてはならないなど難易度は上がります。
秋の舳倉島に来るたびもう少し識別能力を上げなくては痛感します・・・

2017.10.13-14舳倉島
天候曇り時々晴れ

63種
オオミズナギドリ ウミウ アオサギ トビ ツミ チゴハヤブサ ハヤブサ オオタカ マガン カルガモ
オシドリ コガモ キンクロハジロ マガモ ウミネコ カラスバト ヒバリ ハクセキレイ キセキレイ ツメナガセキレイ
ビンズイ ムネアカタヒバリ タヒバリ ヒヨドリ ノゴマ ルリビタキ ジョウビタキ ノビタキ イソヒヨドリ アカハラ
シロハラ ツグミ ウグイス マキノセンニュウ メボソムシクイ キマユムシクイ センダイムシクイ キクイタダキ オオルリ ムギマキ 
キビタキ エゾビタキ コサメビタキ アオジ キマユホオジロ コホオアカ カシラダカ ミヤマホオジロ ノジコ シベリアジュリン 
カワラヒワ マヒワ アトリ イスカ シメ ムクドリ ハシボソガラス ハシブトガラス ミヤマガラス ハイイロオウチュウ 
オウチュウ ヒレンジャク チフチャフ

+αトケンsp キアシシギ?
f0227157_11345344.jpg
f0227157_11344840.jpg


[PR]
by kazucl1 | 2017-10-15 12:05 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)

道東2017.06.16~18

初めての北海道での鳥見。
道東に何度も行っているベテランバーダーさんにいろいろ案内してもらい、充実した3日間でした。

初日は草原の鳥をメインに、2日目にクマゲラ、3日目は落石ネイチャークルーズと見どころ満載。
クマゲラを観察した近くの林道ではエゾライチョウを観察することもできましたし、
草原では写真には撮れなかったものの、マキノセンニュウやエゾセンニュウなども観察できました。

大満足の鳥見になったはずなのに、まだまだ見るところはいっぱいある道東。
また来ようと思わずにはいられませんでした。

2017.06.16~18
72種観察

エゾライチョウ オカヨシガモ ヨシガモ マガモ コガモ スズガモ キンクロハジロ オナガガモ ハシビロガモ

カワアイサ ヒドリガモ キジバト アオバト ウミネコ オオセグロカモメ ウミウ ヒメウ アオサギ ダイサギ

コサギ タンチョウ カッコウ ツツドリ ツバメ オオジシギ トビ オジロワシ クマゲラ アカゲラ オオアカゲラ   

モズ カケス ハシボソガラス ハシブトガラス ハシブトガラ ヒバリ ツバメ ショウドウツバメ ヒヨドリ ウグイス

ヤブサメ センダイムシクイ エゾムシクイ マキノセンニュウ シマセンニュウ エゾセンニュウ コヨシキリ ゴジュウガラ

ミソサザイ ムクドリ クロツグミ コルリ ノゴマ キビタキ スズメ キセキレイ ツメナガセキレイ ハクセキレイ

カワラヒワ ベニマシコ ホオアカ アオジ オオジュリン ノビタキ ウトウ ウミスズメ ウミガラス ハシブトウミガラス

ケイマフリ エトピリカ フルマカモメ オオハム


f0227157_20351636.jpg

f0227157_20353569.jpg
f0227157_20354786.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2017-07-06 20:36 | フィールドノート | Trackback | Comments(2)

対馬5/1-3

f0227157_21583950.jpg


1日目 46種
キジバト ダイサギ チュウサギ コサギ トケンsp アオアシシギ イソシギ ウミネコ ミサゴトビ コゲラ ハシブトガラス ヤマガラ シジュウカラ ツバメ イワツバメ コシアカツバメ ヒヨドリ ウグイス センダイムシクイ メボソムシクイ メジロ ムクドリ アカハラ ノビタ イソヒヨドリ コサメビタキ スズメ ツメナガセキレイ キガシラセキレイ キセキレイ ハクセキレイ タヒバリ アトリ カワラヒワ シメ ホオジロ シロハラホオジロ コホオアカ キマユホオジロ カシラダカ シマアオジ シマノジコ ノジコ アオジ カケス

2日目 21種追加
アオサギ クロサギ コウライキジ コジュケイ カワセミ ムネアカタヒバリ2 ムジセッカ1 ビンズイ コウライウグイス(c)エゾムシクイ ヨーロッパビンズイ1 カイツブリ ホシハジロ オウチュウ2 ヒクイナ1 セグロカモメ オオルリ(c)サンコウチョウ(c) ハチクマ ハイイロオウチュウ1 マガモ

3日目 11種追加
ハシボソガラス カルガモ アマサギ タカブシギ ウズラシギ サルハマシギ ソリハシシギ
トウネン コアオアシシギ オシドリ カワウ

3日間合計 78種

3日間通して地元のバーダーの方はもちろん、地域の住民の方もとてもフレンドリーに接してくださり、とても楽しい旅となりました。
今回2度目となった対馬での探鳥ですが、「また来よう」と思わずにはいられない魅力あふれる島でした。

f0227157_22115023.jpg



f0227157_22121240.jpg
f0227157_22122990.jpg

[PR]
by kazucl1 | 2016-05-16 07:00 | フィールドノート | Trackback | Comments(0)